このサイトは、パソコンでゲームがしたいけど何を選んだら分からないといった方向けに選び方やポイントをまとめたサイトです。

ゲーミングPCのおすすめ

マウスコンピューター
Intel Core i5-10400 / 8GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 SSD / GeForce GTX 1650 GDDR6 / インテル Wi-Fi 6 AX200 (最大2.4Gbps/ 802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約7.0kg
Intel Core i5とGeFOrce GTX 1650を搭載したモデル。
標準モデルですが、ゲームも十分可能です。
無線LANを標準搭載しており、設置も簡単です。

マウスコンピューター
Intel Core i5-10400 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 SSD / GeForce GTX 1660 Ti / Intel Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1660 Tiを搭載したデスクトップPC
CPU性能が少し低く感じますが、価格を抑えたゲーミングPCを探している方向け。
メモリ16GB、SSDのサイズも512GBと十分。

パソコン工房
AMD Ryzen 7 3700X / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / Radeon RX 6700 XT 12GB GDDR6
AMD Ryzen 7とRadeon RX 6700 XTを搭載したモデル。
Radeon RX 6700 XTはGeForce RTX 3060 Ti同等としてみるとよいでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 /インテル Wi-Fi 6 AX200
AMD Ryzen 7とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
NVMe M.2 SSDとHDDを搭載しているだけでなく、Wi-Fi6を搭載しているのもポイントです。

パソコン購入時の選び方


選び方については、大きく分けで

☑ゲームタイトル(ソフト)・目的で選ぶ
☑CPU・グラフィックスなどの性能で選ぶ
☑価格で選ぶ
☑メーカーで選ぶ
☑サイズ・重量から選ぶ

といった選び方になるかと思います。
それでは、順に説明いたします。

ゲームタイトル(ソフト)・目的で選ぶ


やりたいゲームが決まっているなら、そのゲームが快適に動くものを買いたいというのであれば、タイトルに見合ったものを購入するのが良いですね。
ただし、メーカー公式推奨モデルが販売終了している場合は、同等製品を紹介。

CPU・グラフィックスなどの性能で選ぶ


ゲーミングPCを購入する場合、選択のポイントなるのは、
CPU(シーピーユー)
専用グラフィックス
となります。

CPUとは

CPU(シーピーユー、英: Central Processing Unit)、中央処理装置(ちゅうおうしょりそうち)または中央演算処理装置(ちゅうおうえんざんしょりそうち)は、コンピュータにおける中心的な処理装置(プロセッサ)。
コンピュータの脳としてたとえられることが多い。

CPU - Wikipedia

専用グラフィックスとは

Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット、略してGPU)は、コンピュータゲームに代表されるリアルタイム画像処理に特化した演算装置あるいはプロセッサである。
グラフィックスカード、グラフィックスボードはすべて同じ機能を表す用語です。

Graphics Processing Unit - Wikipedia

確認した結果、主要ゲームタイトルの必須スペックを満たすものとしては、
Intel Core i5 以上(4コア以上)
GeForce GTX 1650以上
でした。
FF14や黒い砂漠、モンハンだけでなく、PUBG、FOTENITEといった人気ゲームも楽しめるでしょう。

推奨スペックを満たすものとしては、
Intel Core i7 以上(4コア以上)
GeForce RTX 3060以上

ただ、大画面の4Kとなるともう1つから2つ上のCPUとグラフィックスが必要となります。
また、最近のゲームタイトルは大型アップデートでCPUとグラフィックスの要求が上がります。
これにより、今まで快適にプレイできていたのが、ちょっと辛い場面が出てきたりしますので、性能に少し余裕がほしいところですね。

また、メモリについてです。
現時点で、多くのゲームタイトルだと
8GB
で十分です。
ただし、一部ゲームでは、16GB必要となるゲームタイトルも出てきています。

メモリは、
必須 8GB
推奨 16GB
余裕があれば16GBにしておきましょう。

なお、メモリを8GBを選ぶ場合デュアルチャネル(8GB×2)のモデルを選ぶとメモリの性能が最大まで発揮できます。

デュアルチャネルとは

デュアルチャネルまたはデュアルチャンネル(英: Dual-channel)とは、広義には同一の規格の通信インターフェイスを二重に備えること。狭義としてはパソコンに搭載されているランダムアクセスメモリ(RAM)の規格において、DDR SDRAM、DDR2 SDRAM、DDR3 SDRAM、DDR4 SDRAMに対応したマザーボードを用い、メモリとノースブリッジ間(メモリバス)のデータの転送速度を2倍に引き上げる技術である。

デュアルチャネル - Wikipedia

ユーザーのゲーミングパソコンの環境調査結果としてゲームのプラットフォームを提供している「Steam」から
定期的に調査している結果からみんなが利用しているスペックは、

CPU 4コアCPU
メモリ 16GB
記憶装置 1TB前後
グラフィックス Geforce GTX 1060

大多数のユーザーがこのスペック以上のPCを利用していることがわかります。

Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査

価格で選ぶ


パソコンは、どうしても高額なもの。

そんな価格でどういったものが販売されているか、確認しました。

【価格別】10万円以下のゲーミングPCのおすすめを紹介

ここでは、10万円以下で購入できるコストパフォーマンスの高いゲーミングPCを紹介しています。 10万円以下でおすすめのゲーミングデスクトップPC 3選 【マウスコンピューター/G-Tune】G-Tun ...

【価格別】15万円以下のゲーミングPCのおすすめを紹介

ここでは、15万円以下で購入できるコストパフォーマンスの高いゲーミングPCを紹介しています。 15万円以下でおすすめのゲーミングデスクトップPC 【マウスコンピューター/G-Tune】G-Tune P ...

【価格別】20万円以下のゲーミングPCのおすすめを紹介

ここでは、20万円以下で購入できるコストパフォーマンスの高いゲーミングPCを紹介しています。 20万円以下でおすすめのゲーミングデスクトップPC LEVEL-R04A-iX4-DUX 【Windows ...

© 2021 ゲーミングPCのすすめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック