タイトル別(ゲーミングデスクトップPC)

FF14が快適に動作する「FF14推奨デスクトップパソコンとノートパソコン」を「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」で比較

更新日:

さて、今回はFF14推奨パソコンについてまとめてみます。

FF14がなにかというのは必要ないのかもしれませんが、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCXIV

スクウェアエニックスのMMORPGとして大々的にデビューしており、
現在
Windowsパソコン
PS4
macパソコン
でプレイできます。

ですが、PS4とmacでは比較のしようがないため、
今回の比較はWindows パソコンでの比較になります。

Windows版の必要なスペック

では、現在FF14(ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター)で必要なスペックについて公式内容を確認してみます。

必須動作環境
OS: Windows® 7 64 bit, Windows® 8.1 64 bit, Windows® 10 64 bit
CPU: Intel® Core™i5 2.4GHz 以上
メインメモリ: 3GB以上
ハードディスク/SSD空き容量: 60GB以上
グラフィックカード NVIDIA® Geforce® GTX750 以上/AMD Radeon™ RX 480 以上
画面解像度 1280x720
サウンドカード DirectSound® 対応サウンドカード(DirectX® 9.0c以上)
DirectX® DirectX® 9.0cおよびDirectX® 11
※必要動作環境は2017年4月28日時点で想定されている、本商品を使用する上での推奨環境です。今後のアップデートにより各数値、内容が変更となる可能性があります。

推奨動作環境(DirectX® 11)
OS: Windows® 7 64 bit, Windows® 8.1 64 bit, Windows® 10 64 bit
CPU: Intel® Core™i7 3GHz 以上
メインメモリ: 8GB以上
ハードディスク/SSD空き容量: 60GB以上
グラフィックカード NVIDIA® Geforce® GTX970 以上
AMD Radeon™ RX 480 以上
画面解像度 1920x1080
サウンドカード DirectSound® 対応サウンドカード(DirectX® 9.0c以上)
DirectX® DirectX® 9.0cおよびDirectX® 11

https://jp.finalfantasyxiv.com/stormblood/product/

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

https://jp.finalfantasyxiv.com/stormblood/product/

ここからわかるのは、
CPU:Core i7
メモリ:8GB

ただ、グラフィック性能は現在新たに購入しようとすると、
Geforce GTX 970
は販売されていないので同等の性能を有した
Geforce GTX 1060
以上が搭載されたモデルのパソコンを購入すれば問題ないことがわかります。

※Radeonの場合、Radeon RX 480は現在販売されておらず選択肢はRadeon RX 580一択となります。

デスクトップかノートか

快適にプレイしたいのであればデスクトップで良いですが、
使わないときはしまっておきたいとか頻繁に動かす予定があれば、ノートで良いです。

つまり、自分がどういったスタイルでゲームをするのか、そこをイメージして
決めていきましょう。

各メーカーで販売されている推奨パソコン

ここからは、数多く販売されているFF14推奨パソコンの中から、3社に絞ってみてきたいと思います。
各メーカーのサイトの中で紛らわしいのが
動作確認済みモデル
と記載があっても、スクウェアの推奨スペックを満たしていないものもあります。
これは、必須スペックは満たしているものの推奨スペックを満たしていないモデルです。
ですので、最高画質で快適にできない場合があるので、注意しましょう。

ドスパラのFF14推奨デスクトップパソコン

ドスパラの推奨デスクパソコンは
ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIAシリーズ

こちら。
内容としては、
デスクトップ3機種



ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA ZZ

OS:Windows 10 Home インストール済み
CPU:インテル Core i7-8700K プロセッサー(6コア, 定格 3.70GHz, ターボ・ブースト時最大 4.70GHz,12MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリー:16GB PC4-21300 (DDR4 SDRAM, 8GBx2, デュアルチャネル)
マザーボード:インテル Z370 チップセット搭載 ATX マザーボード
ディスプレイアダプター (ビデオカード):NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB GDDR5X(PCI Express3.0)
ハードディスク:500GB SSD+2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学 ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続

スペックからみるとかなり高性能。
CPUとグラフィックスも単一では、ほぼ最上級ですし。




ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA XT

OS:Windows 10 Home インストール済み
CPU:インテル Core i7-7700 プロセッサー(クアッドコア, 定格 3.60GHz, ターボ・ブースト時最大 4.20GHz,8MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリー:8GB PC4-19200 ※1(DDR4 SDRAM, 4GBx2, デュアルチャネル, 最大 64GB)
マザーボード:インテル H270 チップセット搭載 ATX マザーボード
ディスプレイアダプター (ビデオカード):NVIDIA GeForce GTX1060 6GB(PCI Express3.0)
ハードディスク:2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続

最新の第8世代のCore i7 +GeForce GTX 1080 Tiの「ガレリアZZ」

1世代前の第7世代のCore i7 +GeForce GTX 1060「ガレリアXT」

CPUの違いは世代によりコア数が変わりました。
第8世代の方がコア数が増えたので同時に処理できること増え、
結果高速な処理が実現できるものになりました。

組み合わせられている、
グラフィックカードもCPUの高さに比例して選択されており、
同じ推奨パソコンでも価格と性能が違います。

とりあえず推奨スペックを備えているモデル(ガレリアXT)と余裕があるモデル(ガレリアZZ)と用意されているのは良いですね。

もう一台は、



ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA Mini 1060

こちらは、「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA XT」と同等の性能で省スペースモデルです。
光学ドライブがなかったり、記憶領域がSSDのみだったりしますが、500mlペットボトル2本分の設置スペースというのは
驚きです。

続いて、

ドスパラのFF14推奨ノートパソコン

こちらは、1モデルだけです。



ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA GKF1070NF

OS:Windows 10 Home インストール済み
CPU:インテル Core i7-7700HQモバイル・プロセッサー(クアッドコア, 定格 2.80GHz,ターボ・ブースト時最大 3.80GHz,6MB L3キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリー:8GB PC4-19200(※1)(DDR4 SO-DIMM, 4GB x2, デュアルチャネル, 最大 32GB)
マザーボード:モバイル インテル HM175 Express チップセット
ディスプレイアダプター (ビデオカード):NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB
ディスプレイ:17.3 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ(※3)(1920 x 1080 ドット表示 / NVIDIA G-SYNC対応)
ハードディスク:250GB SSD+1TB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続 (SATA3)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続

デスクトップの「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA XT」より高性能なモデルです。
ノートとしては、17.3インチと画面も大きいのもポイントですね。

マウスのFF14推奨デスクトップパソコン

つづいて、乃木坂46のテレビCMが印象的だった「マウス」から。
こちらもデスクトップについては、3機種です。

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14 [Windows 10 搭載]

■CPU : インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー
(4コア/3.60GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1060(3GB)
■メモリ : 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
■SSD : 240GB Serial ATAIII
■ハードディスク : 1TB SerialATAIII 7200rpm

ドスパラのXTと同等の性能ですが、細かく見ていくと違いが見えてきます。
パソコンに搭載されたメモリのサイズ
グラフィックス(GeForce® GTX 1060)に搭載された専用メモリのサイズ
ストレージ(SSDとHDD)のサイズ
が異なります。
あとは、光学ドライブの有無
といったところでしょうか。
値段差もそこまでないことを考えると悩ましいところです。


NEXTGEAR-MICRO im570GA6-FF14 [Windows 10 搭載]

■CPU : インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー
(4コア/3.60GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1070(8GB)
■メモリ : 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
■SSD : 240GB Serial ATAIII
■ハードディスク : 2TB SerialATAIII 7200rpm

こちらは、上のモデルからグラフィックスを1つ上のランクに変更されたものです。
実際にGeForce GTX 1060(3GB)とGTX 1070の価格差がそのまま本体価格に乗ってます。


NEXTGEAR i670PA1-FF14 [Windows 10 搭載]

■CPU : インテル® Core™ i7-8700K プロセッサー
(6コア/3.70GHz/TB時最大4.70GHz/12MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1080 (8GB)
■メモリ : 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
■ハードディスク : 2TB Serial ATAIII 7200rpm

こちらは、
CPUに第8世代のCore i7を搭載したモデルということで
ドスパラの「GALLERIA ZZ」と比較されるモデルですね。

気になるのは、
SSDを搭載していないところですね。

マウスのFF14推奨ノートパソコン

あとは、ノートパソコンについてです。
なお、2機種ありますが、1つは必須スペックと推奨スペックの間である「GeForce GTX 1050」を搭載したモデルです。

NEXTGEAR-NOTE i5320GA1-FF14 [Windows 10 搭載]
こちらは、必要スペックをクリアしているけど、推奨スペックに至っていないモデル。
画質を落とせば、FF14も快適に楽しめます。
デスクトップが既にあって、サブマシンとして探している人には良いかも知れません。

あとは

NEXTGEAR-NOTE i5730SA1-FF14 [Windows 10 搭載]

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサー
(4コア/2.80GHz/TB時最大3.80GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1070 (8GB)
■メモリ : 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
■M.2 SSD : 256GB SerialATAIII M.2規格
■ハードディスク : 1TB SerialATAII 5400rpm
■チップセット : モバイル インテル® HM175 チップセット
■液晶パネル : 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)

こちらは、デスクトップの「NEXTGEAR-MICRO im570GA6-FF14」と同じグラフィックスを搭載しているノートパソコンですね。
デスクトップの「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」よりもベンチマークの値は上。
これなら、このパソコンだけでも問題ないですね。

パソコン工房FF14推奨パソコン

パソコン工房では
デスクトップ3台、ノートが1台です。

特徴的な製品として、

AMD Ryzen 7 1700 を搭載したモデル


LEVEL-R0X3-R7-RNR-XIV [Windows 10 Home]
があるのが特徴的です。

グラフィックス(GeForce)から比較

各メーカーグラフィックスとCPUの組み合わせが異なり、結果多種多様な結果となりました。

デスクトップでは、
入門機的な

GeForce GTX 1060(3GB)を搭載したモデル

のマウス

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14 [Windows 10 搭載]
が特徴的ですね。

GeForce GTX 1060(6GB)を搭載したモデル

としては、ドスパラとパソコン工房がありました。
メモリが抑えられたドスパラ
メモリも16GBと潤沢なパソコン工房

GeForce GTX 1070を搭載したモデル


NEXTGEAR-MICRO im570GA6-FF14 [Windows 10 搭載]
推奨モデルの中で中間的な位置にあるモデル
4Kディスプレイとかならこれ以上が良いですね。
こちらは、マウスのみでした。

GeForce GTX 1080を搭載したモデル

マウスでの推奨パソコンの上位モデルがこちら。

NEXTGEAR i670PA1-FF14 [Windows 10 搭載]

GeForce GTX 1080 Ti

を搭載したパソコンがラインアップにあるのは
ドスパラとパソコン工房でした。



ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA ZZ


LEVEL-R037-i7-XNA-XIV [Windows 10 Home]

全体的な感想

こうやって見てみると、
ドスパラとパソコン工房は普段使いも考慮し、最初から光学ドライブつけたりしてゲームだけでなく、いろいろできますよという考え方。
さらに8GBとメモリのサイズは少ないですが、4GB×2と倍速で動作するデュアルチャネルを意識した構成となっており、そのままでも快適に動作することを意識しています。

マウスは、ゲーム推奨だし専用マシンなというなんというかストイックな感じも見て取れます。
あと、8GBのモデルは1枚で8GBとあとから増設する際を意識したメモリのサイズになっています。

メインのパソコンとして買うなら、ドスパラが安心かもしれません。
このあたりは、自分にあったものを選ぶと良いですね。

ノートパソコンは
ドスパラはとマウスにはメインマシンでも利用できる
GeForce GTX 1070
を搭載したノートを購入するならドスパラかマウス
ですね。

メインのパソコンがあってサブマシンとしてほしい人は
マウスかパソコン工房
のノートパソコンがよさそうです。

私はノートパソコンがほしいので、


NEXTGEAR-NOTE i5730SA1-FF14 [Windows 10 搭載]

こちらがいいです。
やっぱり、これ1台あればゲームも普段使いももんだいないですし。
光学ドライブなくても正直、最近使うことがないのでつけずにいるのもありかなと。

ではでは。



マウスコンピューター/G-Tune

パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」

-タイトル別(ゲーミングデスクトップPC)

Copyright© eゲーミングパソコン|激安通販・BTOから人気ランキング、おすすめを比較 , 2018 All Rights Reserved.